hair cut 100000




逗子海岸のOTODAMA SEA STUDIOに行って来た。
KEN ISHIIを聞きに行く気満々だったので、なんか、ビーチのイメージが無くて
海らしいものを持って行かなかった事が悔やまれる。

今度は水着持ってビーチデビュウをしに行かないと。


そして海に行くと、色の白いのが悔やまれる。
あと、タトゥー率が高い。
あれは、まさか水で濡らして貼るやつじゃないよね・・・??

まーとにかく気合いの入った人達がたくさんいた。
気合いカップルの壮絶な殴り合いも見た。
・・・笑えないよ!恐すぎだって!

KENさんがすごいのはもちろんの事だけど、
田中フミヤ、すごく良かった。
agehaでちらっと聞いた事しか無かったんだけど、その時から
この人いいなあと思ってた。色っぽい。
クールで熱い感じが・・・。
かっこよかったなあ。

付いて行きます!番長!
自分、気合い十分っす!

って心の中で叫んだよ。


で、賛成多数ということでhair cut。

loopでたまたま知り合った美容師さんなんだけど
公文さん、思った通りすごくデキる人だった!

髪を切る事を楽しんでたし、相当ガッツがあった。
やっぱそうでなきゃ。

SHORT

髪をショートにしたい。うーんしたい。だって、首の後ろが暑い。
結ぶとおくれ毛が気になる。

今の所、賛成2(私も含む):反対2って感じだけど、
もっと色々な人の意見聞けよ!って感じだけど

坊主にしなよ!似合うよ!っていうアベースの、
きっと本人も忘れてるだろう適当な意見に勇気づけられている
今日、このごろ。



ミンガスって私ひとりの事なんだけど、人間ひとりじゃなんにもできやしない!
誰かから何かを感じない限り、何もできない。

いまミンガスは、これは!!っていう人達の協力を得て、地味に動いています。
もちろん、目標に向けて。
よろしく。


そういえば、最近超好きな友達からひっさびさに連絡があって、
彼女からのいきなりの報告で、パリに留学がキまったとのこと。




よっしゃーーーー!!!!
これでまたパリに行ける!!


きちんと自分の欲しいもの、すべき事を定めて行動している彼女が
やっぱり大好きだね。

Process



いつか絶対に行ってみたい、ニューメキシコ州。
サンタフェ、アビキュー、ゴーストランチ・・・。アドービー造りの家を見てみたい。

画家ジョージア・オキーフの生涯の土地を、もう今すぐにでも!
今年か来年、頑張って行ってみよう。

あと、これ。
アリゾナ州のアンテロープ・キャニオン。







これが芸術ってものでしょ!
だって意味もなく凄くて美しい。


己の小ささと、大自然の一部である感動を味わいたいじゃないか。




小さい頃、果てしない荒野を馬でどこまでも駆け抜けるのが夢だった!
なぜそんな男らしい夢をもったのかは謎。

でもその感覚を音楽に求めている気はなんとなくする。

ケンイシイを聞いて、目をつぶるとその夢がよみがえる。




EXTRAかっこ良すぎ!!

0719

で26になりました!!
まだ荒木飛呂彦は「ジョジョの奇妙な冒険」を描いていない年。
ジミヘンもジャニスもまだ死んでない年。

26のコンセプトは、『戦極』
・・・かな。

*戦極とは・・・人生のすべてを懸けた、己の力しか信じられない者同士の戦い。

O


ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ・・・!!!
あとちょっとで誕生日じゃないか。

19日は夜中中あちこちを駆け回ります。

だからみんなメールちょうだいね。

プレゼントはそうだなあ、この扇風機が欲しいっス。
エアコン嫌いじゃないけどなんとなくギリギリまで使いたくないのよ。
だから、このオシャレというか主張のない扇風機をお願い。

眼鏡のO女史!


あと
沖縄の竹富島にまた行きたい!!
うちなーの離島で猫と戯れて三線聞いてらふてー食べて海辺に夕日を眺めに行きたい。
そんで、夜明け前に起きてハブに気をつけながらまた海辺に行って朝日を眺めたい。

ハワイでも可。

O女史!

ドギャーーン!!

かっこいーーー!!
かっこいかったーーーぁ ぁ ぁ…

SUIKAライブ!


なんかねぇ、やっぱり音楽が地に足ついてて心こもってて最高なんだよ!

ビートがいちいちかっこいーし……

弟子にして下さい!!

ついて行きます!

I really don't know


joni mitchellのカバー曲アルバム「both sides now」を朝に聞く。



オリジナルのcase of you 、both sides nowも入ってるんだけど
こんなにきれいな音楽は、(彼女自身の出世作でもあるけど)、本当に何のために生まれたかと
言えば、
今私の心を揺り動かすために生まれてきたんだと思う。

誤解をまねかないように!

私は東洋的な考え方が好きで、人と人の感情(のようなもの)は底でつながってると思ってる。
だから一人が素晴らしい音楽やなにかしらを残すのは、
人々にそう望まれてるからだと思う。
それで誰かの心を揺り動かして、さらに何かが生まれるのを促す。

細胞がどんどん生まれ変わっていくみたいに。



・・・火の鳥の読み過ぎかな。
「火の鳥」読んでるとそういう思考に切り替わる!
あと、ビッグバンの本も読んでるから、もう完璧。

でも、本当にそう思う。
人にした事は自分に返ってくると言う事。


で、joniは相当年齢を重ねてから、若い頃作った歌をまた歌ってる訳だけど
その歌を聴けば、
時を重ねて経験を重ねて成長する事がどれだけ感動的なのかが分かる。

ジョー・ザビヌルのいう「クオリティ」はまさにその事だと思う。





・・・火の鳥にまたハマった!


joniは私の道標。時には足下を確かめないと。

Still On My feet


ポーラ美術館をのぞいた後、緑が多くて景色の良い所を車で走りながら
このジョニ・ミッチェルの「逃避行」を聞いた。

ジョニ自身、LAからニューヨークに戻る長いハイウェイを走りながら作ったそう。


・・・

私の周りにこんな人が居たら、間違いなく音楽をやろうとは思わない!
間違いなく!!
だって涙するだけだもん・・・。

美しくて、広くて、芳醇で、心が満たされる。
イマジネーション豊かで、新しくて、潔くて
大自然を眺めてるみたいで、泣けてくるんだよ!

私は喜んで彼女にお金を払う。

あーーーー!オーケストラと歌っている「Case Of You」も


美しすぎて死にそうだよ!!!

気!

パワースポットって、ただのOL御用達遠足スポットではなかった・・・!!
すごいじゃん!

みなぎってるかな私!どう?



3!の人はナベアツって言うんだというのをやっと最近知った。
あーーーー、好きだな!

POWER

ドッギャーーーーーン!!
湖に浮かぶ赤い鳥居、、、こわいよ〜〜

でも、ここはパワースポット、箱根神社なので大丈夫です。

結構前からよく聞くパワースポットってなんだ?
OLさんに流行ってるの?
Numeroに特集されていたしね。


苔むした緑色の大木の葉と葉の間から射す、雨上がりの淡い陽の光。
そこかしこに、もののけ姫のコダマでも隠れてそうな、、、確かに素晴らしい所でした。

でもパワースポットと言えば、シャガール展の方も負けてなかった!
ポーラ美術館も本当にきれいだね。

時間がなくてほとんど流し見だったけど、
なんっつうの?

ジョニ・ミッチェルみたいなの!!
本当に。

なんてのかなー、この色彩と小節線を超える感じと
愛にあふれている感じが!




と、パワーに触れつつ
今日も引き続きminguss in LABです。

ラボと言うのは、マイルスが自身のバンドをラボと呼んでいた事の真似です。
研究室ね。

色々難しいけど、理想があるから楽しい!






ギャーーン!7月!マイ・マンス!

7月は色々慌ただしそうだ。

夏は良いなあ。

私はタバコ吸わない、というか苦手なんだけど、というかどちらかと言うとけっこう嫌いなんだけど
周りに吸う人が多いせいか、蚊取り線香の匂いが良い匂いだなあーと思うまでになってしまった・・・。

やばいよ!副流煙。

この前また江ノ島にいって参りました。
いっつも、行く時間にはもう江ノ島水族館が閉まっている。
外にアンビエントミュージックがずっと鳴っているんだけど。
私はあのクラゲのスペースが最高に好きなのにな。
あれは、本当最高よ。

で、三谷幸喜の映画マジックアワーが本当に面白かった!!
私もばあさんになってから言ってみたい!あんな台詞。

「諦めるの早すぎるんじゃない・・・?アンタはまだ若い!!私もまだまだなんだから!」
なんてさー。

あと寺島進が好きなのよ。かっこいい・・・。


テレビをあんまり見ないんだけど、好きな芸人さんがいます。
「3!」って言う人。。。

真似をしたら最悪な顔になったよ!

Night of the Vision

Photobucket

MINGUSS 3rd original album

"Night of the Vision"
♪♪

produced by
HIROSHI WATANABE a.k.a Kaito


"The music is as beautiful and elegant as the originator herself!"
—— Manuel Göttsching


OTHER COMMENT



1.Night of the Vision
2.Highway Mood
3.Ultramarine Sphere
4.Horizontale
5.shower room
6.ready to future
7.Mfuwe
8.cocotte


2011 IZIDOA disc

2100 jp yen(tax in)





Minguss sings for fun with other Artist

ABOUT

   Minguss is Minguss.

MINGUSSは小西麻美(mami konishi)によるソロプロジェクト。1982年7月19日東京生まれ。幼少期よりクラシックピアノを学び音楽大学ピアノ科を卒業。在学中よりジャズをはじめクラシック以外の音楽に夢中になる。卒業間近にアメリカへ短期間のジャズプログラムを受けに行った後、2005年9月にミンガスを結成。2006年に1stアルバム『プリミンガス』をリリース。この頃からマイルス・デイビスの音楽に特に心酔し始め、音楽に対する感性が変わる。2008年に『スーパーソニックサウンド』をリリース。その後からデトロイト・テクノに引き寄せられクラブ・ミュージックに傾倒。世界中で活躍し、独特の繊細で美しい音楽を生み出し続けるHIROSHI WATANABE a.k.a. KAITO氏プロデュースで、3rdアルバム"night of the vision"を自身のレーベルIZIDOAより2011年10月12日に発表。このアルバムには、ジャーマン・ロックの巨匠マニュエル・ゲッチングからもコメントを寄せられる。2017年現在、サックス奏者の中村哲、新井一徳両氏を迎え次回作を制作中。

BOOKING/ CONTACT


booking / distribution/ message/ etc. Please contact from here.