SUNRAIN



マニュエル・ゴッチングが、すごく自分の自然なポイントにハマる。

何故かと言えば。
家には元々、母親→クラシックか、父親→環境音楽(ニューエイジ?)
の音源しかなく、実は後者も好きだった。

それにかなり似ている。

なので一番自分で自然なのが、実は環境音楽なんじゃないかと思っている。

マイルス派としては、遺憾な事ではあるが!

これが受け継がれた遺伝子の趣向なら、
私より後にはさらに、ブラックミュージックな趣味を注入したい!


写真は、デトロイトのルネッサンスセンター。
この中のホテルに泊まって、対岸のカナダを見たい!!

vision





ビジョンを実現させる、この為に努力する事を忘れちゃ
いけないね!

これを考えた人に、、勲章!

E2-E4



今度はこれ、Manuel Göttsching『E2-E4』に、陥った。

・・・・最高過ぎて!

これを聞きながら、デトロイトの上空を飛びたい。


マイルス、ラヴェル、ゴッチング、みんな美しい!!

Minguss LIVE


柴犬のチコにどっパマリしてる。

うちにはかつてレオと言う死ぬ程愛された猫が居て
それが亡くなってからは、誰も次を飼う気力が無いらしい。

次の猫、ミルズ(名前は決めてある)は自力で飼うしか

にゃい!

+++++++++++++++++++++++++++++

MINGUSS Live

13complex vol.12〜NOW JAPAN TOUR!!!

日時:5月23日(土)
会場:大塚MEETS
時間:OPEN 18:00/START 18:30
料金:前売り 2300円/当日 2800円(ドリンク別)
出演:
<音楽>NOW(from London)/牧野エリ/boucheta/coin/ABIKYOKAN
<紙芝居>matocotoshuco

主催:a chain brick yard
予約・お問い合わせ:a.chain.brick.yard@gmail.com
13complex blog:http://13complex.makinoeri.velvet.jp/
大塚MEETS:
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-50-1
03-6303-3226
http://meets.rinky.info/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

チコー!かわいーー!

Earache



金曜日に耳痛を発症!
これは気をつけねばいけない。
耳は、いくら綺麗にしたくても掃除してはいけないそう。

と言った矢先に、うちの生徒の男の子が
しきりに耳をいじり出したので、
「すっごく痛くなるからやめな!」と言っても止まらない。
自分を見ているよう。
ゴーン。。
小学生男子と同じ・・・。

土曜日に生川さんと、またもやみっちゃんに会い、
9ヶ月遅れの誕プレを買ってもらう。

誕プレ。ここぞ!と何ヶ月も色々リクエストしていたけれど
結局、大人アイテム「ロングネックレス」を買ってもらう。
今度はAll Posterの宇宙ポスターが欲しい。

生川さんとみっちゃんはもの凄い勢いで服やら、
ポーチとかのあんまり要らんものを買い込んでいた。

耳痛のせいで、寡黙になっていた。

その後、経堂の『ナマステ東京』で、ナンとカレーを食べるけど、
ここのナンは、4人で2枚で十分!
すんごく大きいの!でもおいしいよ。
私はここのインド人の店員さんの態度が、すごく好き。

それでお決まりの経堂のアパートへ行き、
リモコン(写真の猫の名前)とかなり遊ぶ。

日曜は、耳痛がピークで、このまま脳にばい菌が入って
頭がおかしくなってよもや死んでしまうかも、、、
と思うほどだった。

でも原因が耳の掃除のし過ぎは、ちょっと。。


幸いこれで死ぬ人はいない様で、今はほとんど平気です。
みなさんもご注意あれ!



Fight


i phoneにしました。

i podが聞ける携帯なんて、2つ持たなくていいから便利だなあ!
っていうので、キャンペーン中だし3年ぶりに変えてみましたが
これは・・・キケンな携帯ね!

ちゃんと気をつけないと、莫大な請求が来る事になる。

幸い、父親がコンピューター・ネット関係のマニアなので
なんとか、使いこなせそうだけれど。
・・・ちょっと、色々使いづらい。

お金を気にしなければ、かなりフューチャリスティックな凄い物!
未来は、現実になってしまった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

今日は、今度イベントにお誘い頂いた牧野エリさんとお話をしました。
アクティブで、オープンな素敵な女性で、
国際色豊かな興味深いイベントになりそうです。

5月の23日土曜日、また詳細は追ってお知らせします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

最近、何で泣きましたか!

私は、、涙もろいので、いつでも何かと泣きます。
「ドラえもん、のび太と鉄人兵団」では、
最後のシーンを何度巻き戻して見ても、泣きました。

だが、今日は思わずデリックのインタビューで目頭を熱くしてしまった。

何故曲を制作しないかという質問に対しての答えが、
胸を締め付けました・・・。

ずっと、闘い続けているのだな!と言うのが感じられて。

ケンさんにしても、ずっと闘い続けている事が
トークショーですごく感じたし。

彼等の様なミュージシャンがいる事は、勇気になります。

そのデリック、なんと5月23日にやってきます。
死ぬ気で行きます!




Borderline



中島さち子さん、大尊敬するジャズピアニスト、
という括りでは括れないミュージシャンの女性とご飯しました。

かれこれ、知り合って3年くらい・・・?
私が勝手に憧れ、心の師匠にしている、人です。

何気に、ゆっくり長く話したのは初めて。

やはり、ソウルの合う、海や空を超えた感覚を持つ人との会話は
ただ楽しいだけでなく良い音楽に出会ったのと同じくらい
実際なにかを吸収してる気がする。
細胞レベルで!

今後、ずっと関わって行きたいなあと思っております!


これからどんどん、色々なborderlineを超えて行くと、楽しそう。


さて、、、今日は乙女には耳寄り!

一年ぶりくらいにsalon de seizeに行ってきました。
麻布十番にあるアロマセラピーサロンです。

その日のクライアントの気?に合わせて、
エッセンシャルオイルを選んでくれます。

今日は、5本。

パイン、フランキンセンス、シトラスレモン、ラベンダー、ローズウッド
だっけな。
特徴的には、身体に一本筋の通る感じのものと
あとは、排出を促すもの、だそう。

お姉さん曰く、
今始めようとしている事や新しい事に対して、すでに心が決まっている様なので、
要らないものは手放して、そのまま進んで良いんじゃないか。
とのこと。

心に迷いがあると、割とそれを慰める感じの精油が選ばれるらしい。
けれど今回のは、どっちかっていうと、捨てろ、進め!
っていう感じのものだそうなので、、

精油よ、分かってるのう!という感じでした。

そして、何度かやってもらっていて、いつも選ばれるのが『パイン』。
これは、パイナップルかと思ってたけれど、樹なんだそう。


深く根を張って、真っすぐ太く、空にも大きく広がると言う、
なんとも、指針にしたい様な樹であります。


うーん。それにしても、植物はあやしい謎を秘めてる。

Night of the Vision

 photo MINGUSS.jpg
MINGUSS 3rd original album

"Night of the Vision"
♪♪



produced by
HIROSHI WATANABE a.k.a Kaito


"The music is as beautiful and elegant as the originator herself!"
—— Manuel Göttsching


OTHER COMMENT



1.Night of the Vision
2.Highway Mood
3.Ultramarine Sphere
4.Horizontale
5.shower room
6.ready to future
7.Mfuwe
8.cocotte

2011 IZIDOA disc

2100 jp yen(tax in)

video of MINGUSS



Minguss sings for fun with other Artist

ABOUT

   Minguss is Minguss.

MINGUSSは小西麻美(mami konishi)によるソロプロジェクト。1982年7月19日東京生まれ。幼少期よりクラシックピアノを学び音楽大学ピアノ科を卒業。在学中よりジャズをはじめクラシック以外の音楽に夢中になる。卒業間近にアメリカへ短期間のジャズプログラムを受けに行った後、2005年9月にミンガスを結成。2006年に1stアルバム『プリミンガス』をリリース。この頃からマイルス・デイビスの音楽に特に心酔し始め、音楽に対する感性が変わる。2008年に『スーパーソニックサウンド』をリリース。その後からデトロイト・テクノに引き寄せられクラブ・ミュージックに傾倒。世界中で活躍し、独特の繊細で美しい音楽を生み出し続けるHIROSHI WATANABE a.k.a. KAITO氏プロデュースで、3rdアルバム"night of the vision"を自身のレーベルIZIDOAより2011年10月12日に発表。このアルバムには、ジャーマン・ロックの巨匠マニュエル・ゲッチングからもコメントを寄せられる。2017年現在、サックス奏者の中村哲、新井一徳両氏を迎え次回作を制作中。

BOOKING/ CONTACT


booking / distribution/ message/ etc. Please contact from here.