hamburg fun





Wolfgang Palm氏と奥様のBarbaraの、上品でシンプルで創造的な暮らしに感動しました。北欧風の厳かな木の美しい家具に、うすい水色の壁、書斎に並ぶ小さくて綺麗な本から古い大きな本、さりげない所に飾ってあるクリスタルや豆電球が、すごく美しかった。

その昔は、スタイルばかり気にする事を嫌っていましたが、それは上辺の事。真のスタイルがここに有りました。その人が生まれてから築いて来た自然のスタイルは、その人の芯の強さになる。顔に刻まれる皺の様に、自然に、人に敬う気持ちを起こさせると思いました。

from Berlin



人との出会いに恵まれた滞在も、残す所あと1週間ほどです。残りは、幸運にもコラボレーションの機会を得る事が出来た、nylonというベルリンのユニットのarnold kasar氏とのレコーディングに力を注ぐつもりです。そして、wolfgang palm氏にプレゼントしていただいたppg wave 3を使って幾つか明日に向けての音楽を創る事にも。そして幾つかの密かなミッションを(後述します。完全に趣味ですが。)確実に敢行し、帰ります。

上の画を観て下さい。ドレスデンに住む友人マルクスのパートナー、画家であるアンヤが描いてくれた我が家の愛しのアンリ君の画です。貰ったとき、信じられいほど嬉しかった!この贈り物には、心から感激しました。色々な意味で・・。一瞬の輝きや想いを、ずっと留めておきたいと願う芸術の力に。

ブログには少し腰を落ち着けて色々の事を書きたいと思っているうちに、随分時間が空いてしまっていますが、ツイッターはやはり手軽なので、そちらには逐一状況を書き込んでおります。見られる様にしておきますね。

大切なお知らせとして、19日(本日)には、歌で参加させて頂いたHiroshi Watanabeさんの新作アルバム"sync positive"が店頭に並ぶとの事です。tower records新宿店、渋谷店では、ヒロシさんの写真のパネル展示も開催されるそうで、とても観たいです。どなたかskype経由で観させてくれないかしら・・。

Night of the Vision

Photobucket

MINGUSS 3rd original album

"Night of the Vision"
♪♪

produced by
HIROSHI WATANABE a.k.a Kaito


"The music is as beautiful and elegant as the originator herself!"
—— Manuel Göttsching


OTHER COMMENT



1.Night of the Vision
2.Highway Mood
3.Ultramarine Sphere
4.Horizontale
5.shower room
6.ready to future
7.Mfuwe
8.cocotte


2011 IZIDOA disc

2100 jp yen(tax in)





Minguss sings for fun with other Artist

ABOUT

   Minguss is Minguss.

MINGUSSは小西麻美(mami konishi)によるソロプロジェクト。1982年7月19日東京生まれ。幼少期よりクラシックピアノを学び音楽大学ピアノ科を卒業。在学中よりジャズをはじめクラシック以外の音楽に夢中になる。卒業間近にアメリカへ短期間のジャズプログラムを受けに行った後、2005年9月にミンガスを結成。2006年に1stアルバム『プリミンガス』をリリース。この頃からマイルス・デイビスの音楽に特に心酔し始め、音楽に対する感性が変わる。2008年に『スーパーソニックサウンド』をリリース。その後からデトロイト・テクノに引き寄せられクラブ・ミュージックに傾倒。世界中で活躍し、独特の繊細で美しい音楽を生み出し続けるHIROSHI WATANABE a.k.a. KAITO氏プロデュースで、3rdアルバム"night of the vision"を自身のレーベルIZIDOAより2011年10月12日に発表。このアルバムには、ジャーマン・ロックの巨匠マニュエル・ゲッチングからもコメントを寄せられる。2017年現在、サックス奏者の中村哲、新井一徳両氏を迎え次回作を制作中。

BOOKING/ CONTACT


booking / distribution/ message/ etc. Please contact from here.